書体の選び方【日本語編】

ブログ

書体の選び方【日本語編】

「目立つから」だけで大丈夫?

伝えたい情報を分かりやすく、効果的に伝えるために『デザイン』は誕生しました。単にデザイナーのセンスだけで出来上がるものではなく、絵や写真、色の組み合わせ、バランスなど様々な大切な要素で構成されています。

その要素の中でも本日取り上げる『書体』は商品名や効果を宣伝するために重要な役割を果たしています。宣伝するのであれば他社と比べてなるべく目立って、目を引くものが良いですよね。そうすると、太くてごつごつした書体は目立つのでとても重宝されます。しかし一歩選び方を間違えると商品の良さや雰囲気を壊してしまうことも往々にしてあります。

誰に向けた文章なのかを大切に

書体を変えるとどのように印象が変わるのでしょうか?下の見本で見てみましょう。

同じ文章でガラリと印象が変わってしまうのが分かるかと思います。話し手が変わったような印象も受けます。

例えば、女性向けの高級化粧品の宣伝に左の書体を使ってしまうと、目立つことは間違いないのですが、何だかガサツな安っぽい印象を持たれてしまうかも知れません。スーパーの安売りチラシで真ん中の文字を使うと安いの?本当に?という印象になりますし、起業セミナーの募集に右の書体では、幼稚な印象になってしまいます。

このように、書体を好みで使うのではなく、それぞれの特徴や与える印象を理解して内容に合わせていくことが重要です。

書体の分類

日本語書体の分類として代表的なものに「ゴシック体」「明朝体」があります。欧文書体で言う「サンセリフ体」「セリフ体」と同じようなものですが、その話は別の機会に。

ゴシック体

代表して「ヒラギノ角ゴシック」を見てみましょう。

ゴシック体はすべての線の幅をほぼ同じにして無駄をなくすことで、視認性を高めた書体です。新聞の見出しや看板など、遠くからでも目立たせたい文字のために作成されました。プレゼン資料などスクリーンに映し出す場合も光でかすれることのないゴシック体が向いています。

はっきりとした分かりやすさから、カジュアルな雰囲気が出やすいのが特徴です。

明朝体

代表して「ヒラギノ明朝」を見てみましょう。

明朝体はゴシック体よりも歴史が古く、お隣の中国で生まれました。筆で書いた文字の強弱を残したまま、印刷の版に彫りやすいように直線的に改良したものが明朝体の始まりです。縦の線が太く、横の線が細いこと、横の線の右端に「うろこ」と呼ばれるアクセントをつけることなどが特徴です。

ゴシック体と比べ横の線が細過ぎるため、遠くからの視認性には優れていません。ただし、小説など小さな文字が並んでいる場面では、画数の多い漢字でも文字がつぶれにくく読みやすいという特徴があるため、ストレスなく読むことができます。

ちなみにこのブログ記事のようにWEBの記事は、短文・長文関係なくゴシック体が多いことはお気づきですか?モニターの解像度によっては明朝体の横の線が消えたりうろこが潰れたりしてしまう可能性があるため、細めのゴシック体を使うことで対応しているのです。

細い書体は儚げな、柔らかい印象を出すのに対して、太い書体になると信頼感や堅実さが出てくるのが特徴です。

その他書体

ここまで紹介した「ゴシック体」「明朝体」以外にも、大きく分けられる分類として「丸ゴシック」や「行書体(筆書体)」、「デザイン書体」などがあります。(各社によって呼び名が変わります)

丸ゴシック体はその名の通りゴシック体の特徴を引き継ぎつつ、全体に丸みを持たせた書体です。目立たせたいけど柔らかい印象を持たせたいときや、子ども向けの広告を作成したいときに便利です。

行書体(筆書体)は明朝体よりも筆で書いたような特徴を残した書体です。楷書体や隷書体、教科書体などが含まれます。和のテイストのデザインや、結婚式の席次表などきちんとした場で使うのに適しています。

デザイン書体にはポップなものから装飾的なフォントまで多種多様に存在しています。装飾が主張しすぎるので長文には適していませんが、書籍のタイトルなどに使用すると、作品の特徴をより一層引き出してくれるような強みがあります。

手書き文字

最近既存の書体を使わずこのような手書きの文字を使った広告を目にしませんか?

こちらは弊社のコーポレートサイトなのですが、信念である『感動をクリエイトする』を手書きで大きく載せています。既存の書体は綺麗で読みやすい反面、形が揃っているのでどうしても機械的な印象になってしまいます。写真の人物の心情や会社の信念など、感情に訴えるようなデザインを作ることができるのが手書き文字の特徴です。

まとめ

書体にはそれぞれ特徴があり、伝えたい内容や相手によって使い分けることが重要だということがわかりました。しかし近年では柔らかい印象のゴシック体や視認性の高い明朝体などハイブリッドな書体も誕生しています。自分のデザインに合った書体をぜひ見つけてみてください。

弊社では子どもらしい文字・可愛らしい丸字なども対応できます。手書き文字のデザインも気になるという方はぜひご相談ください!