Googleアナリティクスで押さえておくべきポイント

Googleアナリティクスとは?

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供しているホームページのアクセス解析のツールです。現在無料で提供されておりアカウントを登録して、発行される文字列コードを自分のホームページ内に埋め込む事でホームページ閲覧者がどのくらいアクセスしているか調べる事ができます。

Googleアナリティクスを始めるために必要なもの

1.Googleアカウントを作成する

Googleアカウントが必要となります。gmailに登録があればそのまま始める事も可能です。下記のURLからアカウントの作成を行ってください

google アカウント

2.Googleアナリティクスに登録

Googleアナリティクスに登録する作業を行います。必要事項を入力しましょう。アカウント名に会社名や部署、Webサイトの名前やURLを設定すれば、アカウント作成が完了です。

google analytics

3.トラッキングコードを埋め込む

登録が完了すると、トラッキングコード(グローバルタグ)が発行されます。ホームページに埋め込む必要がありますので、難しい場合はホームページ管理者へ連絡して頼んでみましょう。

Googleアナリティクスの利用方法

見るべき指標となる5つのメニューがありますのでそれぞれ解説します。メニューはトップ画面の左列にあります。

  • リアルタイム
  • レポートのスナップショット
  • 集客サマリー(利用ユーザー数の確認)
  • エンゲージメント(サイトに対するユーザー操作)
  • コンバージョン(目標達成について)

リアルタイム

リアルタイムは現在、何人がWebサイトに訪問し、どのページを見ているのかを確認できるページです。流入元の情報やユーザーの所在地も把握できます。SNS投稿・広告配信・メール配信直後の反応の確認に便利です。メニューからリアルタイムで確認できます。

レポートのスナップショット

レポートのスナップショットで表示可能です。全体のおおまかな内容を見ることができます

集客サマリー

ユーザーがどのようにWebサイトにたどり着いたのかがわかります。集客>集客サマリーで確認しましょう。集客サマリーでは、セッション・ユーザー数のデータが見られます。

エンゲージメント

Webサイトで、ユーザーがどのような行動を取ったのかがわかります。エンゲージメントでは、Webサイト全体のレポートが一覧で表示できます。平均エンゲージメント時間やイベント数、表示回数などの把握し、コンバージョンにつなげるための改善のヒントに活用しましょう。平均滞在時間が長ければ熟読したことがわかり、イベント数が少ないページは、ユーザーニーズと合致していない可能性が考えられます。

ページとスクリーン

ページごとに詳細を確認する場合は、ページとスクリーンを利用しましょう。ページごとのエンゲージメント等の詳細を知ることができます

コンバージョン

コンバージョンとは、商品購入や問い合わせ完了など、Webサイトの目標となる成果です。

・赤枠ーコンバージョン数を示します。

・青枠ー前の期間(緑枠)と比較しての変化率を示します。

・「ページ情報」(青枠)は、でプルダウンリスト(緑枠)で「ページタイトルとスクリーン」「ページ階層とスクリーンクラス」を選択します。

・「コンバージョン数」は、赤枠で確認できます。プルダウンリスト(緑枠)から特定のコンバージョンの絞りこみも可能です。

Googleアナリティクスのデータを出力する方法

取得・比較したい表示期間を設定する

初期設定では、直近1週間のデータがレポートとして表示されます。右上の日付設定で、期間を変更すれば、過去データの閲覧が可能です。

また、比較にチェックを入れることで今年と去年等期間で比較をすることが可能です

データをエクスポートする

PDFやCSVスプレッドシートのデータをエクスポートすれば、報告書作成に活用できます。データの期間を選択し、必要なレポートが表示できたら、エクスポートボタンをクリックしましょう。PDF・CSVの中から出力したいファイル形式を選択すると、エクスポートが完了し、簡単にデータが取得できます。